ブログ

Amazonアソシエイト審査合格のポイントと不合格の対処法

Amazonアソシエイトの審査に合格!審査のポイントや合格できない時の対処法
はま次郎
はま次郎
こんにちは、「人生底上げ!」ブログを運営しているはま次郎@sokoage_life)です。

今回は Googleアドセンスに続きAmazonアソシエイトに合格しました!合格するためのポイントをお伝えします。

また、どうしても合格できない場合の対処方法も併せて紹介します!

Amazonアソシエイトとは?

ブログから収入を得る場合、大きく分けて2つの方法があります。

  1. 広告収入
  2. アフィリエイト

広告収入は主にGoogleアドセンスを使うことになりますが、詳しくはこちらをご覧ください。

もうひとつの収入源であるアフィリエイトの代表がAmazonアソシエイトです。

例えばブログでよくこんな商品紹介のバナーを見たことがあると思います。

ブログ内で自分が好きな商品を紹介して、そこから商品が購入に至った場合に収益が発生するのがアフィリエイトです。

このリンクから商品購入になれば、Amazonアソシエイトの場合購入代金の2~10%が収入になります。

Amazonアソシエイトへの申し込み

Amazonアソシエイトを利用するためには、審査に合格する必要があります。

Googleアドセンスもそうですが、Amazonアソシエイトの審査がなかなか厳しいようです。

2、3回と続けて不合格になってしまうパターンも多いみたいなので、このブログ記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

Amazonアソシエイトの審査基準

Amazonアソシエイトに合格するためにはどのような点に気をつければよいのでしょう。

Amazonは明確な審査基準を公表していないので、100%正しいことはわかりませんが最低限これは必要だ!という有力そうな情報を集めてみました。

サイト内にプロフィールを載せる

誰かそのブログを運営しているのか?がわかるようにしましょう。

簡単な自己紹介(ニックネームも含む)に加えて、ユーザーに何か困ったことがあった時のために問い合わせフォームも設置しましょう。場所はヘッダーがおすすめです。

問い合わせフォームはWordpressのプラグイン「Contact Form 7」を使って簡単に作ることができます。

プライバシーポリシー

Amazonアソシエイトの運営規約にもプライバシーポリシーについて書かれています。

  • プライバシー規約その他を通じて、乙が乙のサイトの訪問者からデータを収集、使用、保管および開示する方法ならびに該当する場合は第三者(甲および他の広告掲載者を含みます。)がコンテンツおよび広告を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、サイトの訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があることを、乙のサイト上に正確かつ適切に開示すること。

出典 アソシエイト・セントラル – Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

Googleアドセンスの審査にもプライバシーポリシーは必須なので、別途固定ページなどにつくってフッターなどにリンクを設置しておきましょう。

雛形はネットで調べても出てきますが、当サイトのプライバシーポリシーを使っていただいても構いません。その際は自分のサイトに合わせて文言などを必ず調整してください。

※自己責任でお願いします。

申請時のAmazonアカウントは購入歴のあるものを使う

Amazonアソシエイトに申し込む時に、新規で作成したアカウントよりも購入履歴があるアカウントで申請をするほうが審査に合格しやすくなります。

実際に使っている(購入履歴のある)アカウントを使うことで、Amazon側も「この人は信用できる」と思うようです。

実際に僕も昔から使っているAmaznonアカウントを使ったので、購入履歴はかなりありました。

サイトの内容を詳しく書く

Amazonアソシエイトに申し込む時に、「Web サイト/モバイルアプリの内容、および紹介したい商品について、簡単にご説明ください(全角256文字程度以内)。(必須)」という項目があります。

この部分に「自分のサイトはどんな目的で、どんな内容の記事を書いているか」と、「Amazonアソシエイトプログラムを通してどんな商品をどういう風に紹介するのか」をしっかりと書きましょう。

上限の256文字になるべく近づけるよう、わかりやすく熱を込めて書きましょう!

ちなみに僕はこんな風に書きました。

「人生を少し豊かにする」をテーマに、派手ではないけれど知っていると役に立つ情報を発信しているブログです。お金についての知識や、生活の知恵、心を豊かにしてくれる趣味などの情報を通じて、読者の人生を底上げしていきます。

たくさんの商品が溢れかえっている中で、当ブログでは私が実際に使ってみて良かったと思える商品を紹介していきます。具体的には私のようなビジネスマンが時間やお金を節約できたり、生活にちょっとした彩りを与えてくれる商品を提案します。読者が安心して商品を購入できるよう、詳細に伝えていくことを心がけます。

(254文字)

これを基に自分のブログのテーマを当てはめてアレンジしてみてください!

審査に関係のない項目

加えて、ネット上では必要と言われていても実際に僕が審査に合格した時には満たしていなかった、つまり審査には関係ない項目を挙げておきます。

  • ブログを開設してから数ヶ月以上経たないといけない → 1ヶ月未満で合格
  • フリーメールは使うな→ hotmailで合格
  • すべての広告をはずせ→ Googleアドセンスの他、楽天アフィリエイトも使っていた
  • 最低でも10記事は書かないといけない→ 5記事で合格

Amazonアソシエイトに合格できない場合

これまでに紹介した内容で僕も審査に合格しましたので、一度審査に申し込んでみましょう。

それでも合格できないという方は続きを読んでみてください。

合格に必要な基準は確定ではありませんでしたが、逆に合格できないサイトがどんなものかははっきりとしています。

公式ヘルプページに、Amazonアソシエイトに合格できない場合にチェックすべき項目が挙げられていて、これに該当するサイトは審査に合格することができません。

プログラム参加申請をお断りするサイト例

申請頂いたサイトが以下に該当するような場合は、参加をお断りする場合がございます。
申請される際には、是非一度確認ください。
※以下は例示であり、これら以外にも当社が不適切と判断する場合は参加をお断りする場合がございます。
最新のAmazonアソシエイト・プログラム運営規約および参加要件を合わせてご確認ください。

==

■ Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない
      – 長い間更新がない
      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

■ 身元情報が不十分である場合
      – 氏名が本名でない (姓・名のどちらかのみ、ニックネーム、サイトと関係が明確でないグループ名)
      – 電話番号が完全でない
      – アカウント情報の電話番号の初めに「+81」がついている
      – 住所が完全でない、または架空の住所である
      ※住所確認のため、Amazon.co.jpの配送先情報を確認させて頂く場合がございます。

■ リンクを使用するサイト・目的が不明瞭である場合
      – 入力されたURLに誤りがあり、サイトを確認できない
      – 閲覧規制のあるコンテンツを含み、サイト内容を確認できない
      – 他者(社)が運営するWebサイトやURLを使用している
      – サイト名やドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる
      ※SNSでこれらを含むユーザー名を利用されることもお断りしております。
      – サイト説明が不十分
      ※「test」「あああ」「商品名」のみ等は、サイト説明として不十分または不適切なものと判断致します。

■ サイト内の価格や在庫標記により、閲覧者に誤解を与える可能性がある場合
      ※「最安値」「在庫有り」等、可変的な情報には、情報取得時の日付や情報に相違が出る可能性を示す記載が必要です。

■ 法令または他者(社)の権利に対する侵害または違反がある場合
      – 著作権侵害が認められる
      ※使用許諾を得ていない画像や歌詞の転載等が含まれる場合も参加をお断りする場合がございます。
      – 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 (旧薬事法) 違反が認められる
      – その他違法な内容のコンテンツが含まれている
      ※明確な違反や侵害が確認できない場合でも、これらの事由の存在が疑われる場合には、参加をお断りする場合がございます。

■ 情報商材コンテンツ、情報商材サイトへ遷移するリンクの掲載がある場合

■ 露骨な性的描写がある場合

■ 紹介料の使用目的が寄付・支援である場合

■ 未成年の方のお申し込み

■ その他の理由で、運営規約に違反するまたは参加が不適当であると当社が判断する場合

出典 アソシエイト・セントラル – ヘルプ

少し長いですが、このなかで特に重要なポイントを3つ見ていきましょう。

Webサイトの完成度

僕はブログを開設して2週間ほどでAmazonアソシエイトに合格しているので、運用期間はそれほど重要ではないようです。また、記事数も5記事と少ない方でした。

ただ、レイアウトに関しては最初からわりと力を入れて作っていましたので、たしかに記事数はすくなかったですが、見た目は完成されていましたね。

あと記事の数は少ないですが、それぞれの記事が3,000文字程度と質にこだわった記事だったのは間違いありません。

レイアウトが未完成、または記事の内容が薄っぺらい場合は不合格になるようです。

Amazonプライム会員になる

さらに合格率を上げる方法として、Amazonプライム会員になるのも有効なようです。

ちなみに僕が申請したのはプライム会員ではありませんでしたが、昔から使っているAmazonアカウントだったので購入履歴はかなりありました。

そんなに購入履歴がない、または全く無い!という方はAmazonプライム会員になったほうが良いです。

何十回と審査に落ちたにも関わらずAmazonプライム会員になったらすぐ合格できた、という情報もあります。

Amazonプライムを30日無料で試す

30日間は無料で試せるので、課金したくない人は30日以内に解約すれば料金は発生しません。

著作権に気をつける

ブログ初心者が特に気をつけなければならないことの一つが、著作権についてです。

自分のブログで綺麗な画像を使いたいと思って、ネット上から勝手に画像を引っ張ってくる…。

これは立派な著作権侵害に当たります。

画像を使う場合は必ず自分で撮った写真か、著作権フリーのものを使うようにしましょう。

こちらの記事で、画像を探したり編集したりするのに役立つサイト&ツールを紹介しています。

それでも合格できなかったら…

これまでのポイントをしっかり抑えておけば、ほぼ間違いなく合格できると思います。

それでも合格できない!

そんな困った時の裏技を紹介します。

それは、もしもアフィリエイトというサービスを利用する方法です。

もしもアフィリエイトに登録するとこで、もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトを利用することができます。

もしもアフィリエイトでもAmazonアソシエイトの審査がありますが、通常の審査に比べると基準が甘いようです。

わざわざAmazonアカウントを作成しなくてすむので、もちろん購入履歴も関係ありません。

もしもアフィリエイトのほうが振込可能金額が低く設定されていたり、Amazonアソシエイト以外のアフィリエイト報酬も受け取ることができるので、是非作っておきましょう。

まとめ

Googleアドセンスと同じく、Amazonアソシエイトの審査に合格するためには「このサイトは信用しても大丈夫だ」と思われなければなりません。

未完成のサイトだったり、記事の内容が薄っぺらいサイト、著作権を侵害しているようなサイトは論外です。

Amazonアソシエイトに合格できない場合は、面倒くさがらずにもう一度自分のサイトを見直してみましょう!

Amazonアソシエイトに合格したら、「一瞬で商品リンクが作れるRinker(リンカー)プラグインの設定!」を参考に商品リンクを作ってみましょう。

一瞬で商品リンクが作れるRinker(リンカー)プラグインの設定!
一瞬で商品リンクが作れるRinker(リンカー)プラグインの設定!アフィリエイトに必須の商品リンクが一瞬で作れるプラグイン、Rinker(リンカー)の設定方法を詳しく解説。もしもアフィリエイトとAmazonアソシエイトを使って商品リンクを作ってみよう!Rinkerの簡単なカスタマイズ方法も紹介しています。...
年会費無料の楽天カード


楽天ポイントを貯めるなら、年会費無料の楽天カードを作りましょう。
楽天市場での買い物がポイント2倍になるだけでなく、街中でのお買い物や公共料金の支払いでも楽天ポイントがもらえます。

詳しく見る

あわせて読みたい記事