ブログ

Fetch as Googleが終了!?新しいGoogle Search Consoleのインデックス方法

Fetch as Googleが終了!?新しいGoogle Search Consoleのインデックス方法
はま次郎
はま次郎
こんにちは、「人生底上げ!」ブログを運営しているはま次郎@sokoage_life)です。

今回はFetch as Googleのサービス終了についてです。

Fetch as Googleについて

Fetch as Googleを説明する前に、まずGoogle Search Consoleについて少し触れておきます。

Google Search Consoleとは

Google Search ConsoleはGoogleが提供するツールで、Google Search Consoleを使うと自分のサイトがGoogleからどうように評価されているかを確認したり、Googleの検索結果に対して自分のサイトの順位を知ることができます。

Google Analyticsはすでに知っている方も多いと思いますが、Google Anayticsは自分のブログを訪れてきた後の詳細なデータ(アクセス数や離脱率など)を計測するのに対して、Google Search Consoleはブログ訪問前のデータ(検索ワードや検索順位)を知ることが出来ます。

ここではGoogle Search Consoleの詳細な説明を省きますが、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

Fetch as Googleとは

さて、本題のFetch as Googleですが、Fetch as GoogleはGoogle Search Consoleのひとつの機能で、サイトをインデックスさせるために使います。

そもそも何故Googleの検索結果に様々なWebサイトが出てくるのか不思議ではないですか?

これは、世界中に無数に存在するWebサイトがGoogleによってひとつひとつ認識され、検索結果に出てくるように紐付けされているからです。

もちろんこの作業は人の手でなく、Google bot(グーグルボット)と呼ばれるロボットがWebサイトを巡回しています。

Google botがサイトを訪れることによって初めてそのサイトの情報がGoogleによって認識され、検索結果に出てくるようになります。

Google botによる巡回をクロールといい、クロールされたサイトがGoogleに認識されることをインデックスといいます。

Google botは休みなく世界中のWebサイトをクロールしていますが、新しく出来たページなどはGoogle botがやってくるまでにしばらく時間がかかります。

Google botにクロールされない=Googleの検索結果に出てこないということなので、せっかくのサイトが誰にも検索されなくなってしまいます。

そこで、Fetch as Googleを使うことでGoogle botに指定したWebページのクロールをリクエストすることができます。

そうすることで、新しく作ったページやすでに更新したページの情報を素早くGoogleに認識(インデックス)してもらうことができるようになります。

Fetch as Googleが終了!?

特にサイトを開設してまだ日が浅い場合、Google botがサイトをクロールしてくれるまでに時間がかかるため、Fetch as Googleでクロールのリクエストを出すことが推奨されています。

僕も記事を書くたびにFetch as Googleを使ってクロール依頼をしています。

しかし、2019年2月末からFetch as Googleの画面にこのような文言が出てくるようになりました。

重要: このツールは 2019/03/28以降はご利用いただけなくなります。代わりに 新しい URL 検査ツール をご利用ください。

まさかのFetch as Googleの終了。

 

はま次郎
はま次郎
記事をがんばって書いたのに、Googleの検索結果に出てくるまで何日も待たないといけなくなる!?

 

と焦りましたが、よく見ると

代わりに 新しい URL 検査ツール をご利用ください。

と書いてありますね。

新しいGoogle Search Console

「新しいURL検査ツール」というのは今までのGoogle Search Consoleとはデザインが変わった新しいGoogle Search Consoleのことでした。

新しいGoogle Search ConsoleでFetch as Googleが使えるのかと思って探してみたものの、どこにも見当たらない。

そこで調べてみたところ、新しいGoogle Search ConsoleではFetch as Google自体がなくなってしまっています。

しかし、Fetch as Googleを使わずともクロールのリクエストは可能になっています。

新しいGoogle Search Consoleでのクロールリクエスト

今までFetch as Googleでクロールリクエストしていましたが、新しいGoogle Search Consoleでのクロールリクエストはどうすれば良いのでしょうか。

  1. まず、新しいGoogle Search Consoleを開きます。
  2. 画面上部にある「http://○○~」内のすべてのURLを検査」にクロールしてもらいたいURLを記載してEnterを押す。新しいGoogle Search Consoleのインデックス方法
  3. 「Googleインデックスからデータを取得しています」と表示され、次の画面に自動的に移動します。
  4. 「URLがGoogleに登録されていません」と表示されたら、その右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。Google Search Consoleのクロールリクエスト
  5. 「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」という案内がしばらく表示されます。(1分程度かかります)
  6. インデックス登録をリクエスト済み」と表示されればクロールのリクエストが成功です。Google Search Console インデックス登録をリクエスト

通常、24時間程度でGoogleへのインデックスが完了します。

インデックスされているかを確認するには、クロールリクエストと同じ手順で調べたいページのURLを送信してみて、「URLはGoogleに登録されています」と表示が出ればOKです。新しいGoogle Search Consoleのインデックス成功

まとめ

新しく作ったページなどをGoogleにできるだけ早く認識してもらうことで、Googleの検索結果に自分のサイトが載ってアクセスしてもらいやすくなります。

そのためにFetch as Googleが有効でしたが、今後使えなくなってしまいます。

今のうちに新しいGoogle Search Consoleを試してみましょう。

 

年会費無料の楽天カード


楽天ポイントを貯めるなら、年会費無料の楽天カードを作りましょう。
楽天市場での買い物がポイント2倍になるだけでなく、街中でのお買い物や公共料金の支払いでも楽天ポイントがもらえます。

詳しく見る

あわせて読みたい記事