楽天

楽天市場での買い物はポイントを使うな!楽天ポイントの正しい使い道をお教えします!

はま次郎
はま次郎
こんにちは、「人生底上げ!」ブログを運営しているはま次郎@sokoage_life)です。

このブログでは楽天ポイントを効率よく貯める方法を紹介しています。

貯まった楽天ポイントは1ポイント=1円として使えるので、「よし、ポイントでこれを買おう!」と舞い上がってしまいがちですが、実は楽天市場での買い物にポイントを使ってはいけないのです!

楽天市場での買い物はポイント還元率が高い楽天カードで支払いをしている方がほとんどだと思います。ポイントを使って商品を購入すると、そのお買い物でもらえるポイントが減ってしまい、結果的に損をしてしまいます。

楽天市場でポイントを使ってはいけない理由と、楽天ポイントの正しい使い道を紹介します。

楽天市場ではポイントを使って買い物してはいけない

楽天市場でのお買い物は、楽天ポイントを一番効率よく貯めることができます。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)のポイントアップであったり、大型イベント(お買い物マラソンやスーパーセール)、5と0のつく日などのキャンペーンを活用することで、数倍~数十倍ものポイントアップを狙うことができるからです。

特に楽天カードを利用するとそれだけで3倍になるので、ほとんどの方が楽天カードで決済をしてポイントを貯めていると思います。

楽天ポイントは1ポイント=1円として利用することができ、ポイントを貯めれば現金の支出を減らすことが可能です。

しかし楽天ポイントが貯まったからといって、楽天市場での買い物でポイントを使うのはあまりお勧めできません。

なぜなら、ポイントの還元率が減って、結果的に損をしてしまうからです。

楽天市場でポイントを使ってはいけない理由

楽天市場での買い物で貯まるポイントは、購入金額(決済金額)が基準になります。

最終的にいくら払ったかが基準となるので、クーポンやポイントを利用した場合などは基準となる金額が減ってしまうため、もらえるポイントも減ってしまうわけです。

具体例を挙げて、ポイントを使った時と使わなかったときの違いを見てみましょう。

いずれの場合もポイントアップは楽天カードを利用(+2倍)することで、3倍(通常1倍+楽天カード2倍)とします。

最終的な支払い金額が基準になるのは「楽天カード利用」に関するキャンペーンです。

例)楽天カード利用で+2倍、楽天銀行+楽天カードで+1倍など

① 10,000円の商品を「全額ポイントで購入」した場合

10,000円の商品をすべてポイントで購入すると、実際に支払った金額は0円となります。

0円が基準となるため、

0円×3倍(3%)=0ポイント

となり、ポイントがもらえなくなってしまいます。

② 10,000円の商品を「5,000ポイントを使って購入」した場合

10,000円の商品を5,000ポイントを使って購入すると、実際に支払った金額は5,000円となります。

5,000円が基準となるため、

5,000円×3倍(3%)=150ポイント

となり、150ポイントがもらえる計算となります。

③ 10,000円の商品を「ポイントを使わず購入」した場合

10,000円の商品を全くポイントを使わず購入すると、実際に支払った金額は10,000円となります。

10,000円が基準となるため、

10,000円×3倍(3%)=300ポイント

となり、300ポイントがもらえます。

ポイントアップが高い時ほどポイントを使うな

もし全額ポイントを使ってしまうと、楽天カード利用でもらえるはずだったポイントがなくなってしまうため、かなり損です。

もしこれが楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを利用しているとさらに+2倍、5と0のつく日なら+2倍と、それぞれさらに損をしてしまうことになります。

5と0のつく日に楽天ゴールドカードで買い物をした場合

ポイント全額利用:0円×7倍(7%)=0ポイント

ポイント利用なし:10,000円×7倍(7%)=700ポイント

このようにポイント倍率が高い場合ほど差が開いていってしまいます。

繰り返しますが、ポイント還元率が高い楽天市場での買い物においては、ポイントを使わずに貯めることを最優先しましょう。

では、貯まった楽天ポイントはどこで使うのが一番良いのでしょうか?

楽天ポイントの正しい使い道

ポイントアップしているのにポイントを使ってしまうと、本来もらえたはずのポイントがもらえなくなるのはおわかりいただけたでしょうか?

逆に、楽天ポイントはポイントアップにならない(還元率が低い)時は使ってもOKなのです。

少しわかりにくいかもしれませんが、街中で楽天ポイントが使えるお店など、ポイントアップを実施していないお店で楽天ポイントを使うのが正しい使い道です。

他にも楽天ポイントの使い道として、楽天モバイル楽天ペイなどもおすすめです。

楽天ポイントが使える街中のお店

街中の様々なお店でも楽天ポイントが使える&貯めるってご存知でしたか?

対象店舗によって内容は異なりますが、ほとんどの場合1ポイント=1円で利用することができ、100円~200円で1ポイントが貯まります。

しかも、もしポイントで全額支払ったとしても、ポイントはもらえます。

仮に楽天カードで支払う予定だったなら、楽天カード利用分の1%のみもらえなくなります。

楽天ポイントが使える街中でのお店の場合(※楽天ポイントは100円につき1ポイント貯まるとします)

  • 10,000円の商品を全額、現金で支払いした場合:100ポイント付与
  • 10,000円の商品を全額、ポイントで支払いした場合:100ポイント付与
  • 10,000円の商品を楽天カードで支払いした場合:100ポイント+100ポイント(楽天カード分)

楽天市場でのポイント利用の場合と比べると、街中でポイントを使ったほうがお得だということがお分かりかと思います。

対象のお店は公式ページをご覧ください。

日用品を買うならツルハドラッグやダイコクドラッグ(ドラッグストア)、車をお持ちの方は出光(ガソリンスタンド)、DIYが好きな方はコーナン(ホームセンター)など、様々なお店で楽天ポイントを使うことができます。

しかも、期間限定ポイントも使えます!

楽天モバイル

楽天が提供している格安SIM、楽天モバイルでも楽天ポイントを使うことができます。

楽天モバイルは月々2,000円程度で利用できますので、ポイントをうまく貯めていれば携帯代の支出を無くすことも可能です。

楽天ポイントを無料で貯める方法をまとめていますのでご一読ください。

【まとめ】楽天ポイントの貯め方
【まとめ】楽天ポイントを貯めるなら知っておきたい方法!楽天ポイントはお買い物するだけでなく、楽天の様々なサービスを活用することで貯めることができます。毎日無料でポイントを貯める方法をまとめて紹介します。...

楽天モバイルのポイント払いも期間限定ポイントを使うことができます。

楽天ペイ

昨今流行のキャッシュレス決済でも楽天ポイントを使うことが可能です。

楽天ペイを使えばファミリーマートやローソン、松屋などでキャッシュレス決済をすることができます。

楽天ペイでポイントを使う設定をしていれば、自動的にポイントで支払いをしてくれます。

楽天ペイのポイント払いも期間限定ポイントを使うことができます。

まとめ

楽天市場でポイントを使ってしまうと、本来もらえるはずだったポイントが大幅に減ってしまうのでおすすめできません。

どうしても使いたい場合は、ポイントアップキャンペーンが行われていない時に使うようにして、お買い物マラソンやスーパーセールなどポイントアップキャンペーンの時にはポイントを貯めることに注力してください。

そして、貯まったポイントは街中のお店、楽天モバイル、楽天ペイで使っていくのがベストです。

期間限定ポイントも使えるので、無駄なくポイントを活用していきましょう!

年会費無料の楽天カード


楽天ポイントを貯めるなら、年会費無料の楽天カードを作りましょう。
楽天市場での買い物がポイント2倍になるだけでなく、街中でのお買い物や公共料金の支払いでも楽天ポイントがもらえます。

詳しく見る

あわせて読みたい記事
SPU(スーパーポイントアップ)を詳しく解説!楽天ポイントをお得に貯めるために必ず理解しておこう! 楽天

SPU(スーパーポイントアップ)を詳しく解説!楽天ポイントをお得に貯めるために必ず理解しておこう!

2019年3月28日
人生底上げ!|普通の人間が少しだけ豊かな人生を手に入れるための実践ブログ
SPU(スーパーポイントアッププログラム) SPU(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天のサービスを利用すればするほど、楽天市場 …
【1クリックで楽天ポイント獲得】メールdeポイントの登録方法と使い方&使ってみて気付いた点 楽天

【1クリックで楽天ポイントが貯まる】メールdeポイントの登録方法と使い方&使ってみて気付いた点

2019年2月27日
人生底上げ!|普通の人間が少しだけ豊かな人生を手に入れるための実践ブログ
メールdeポイントとは? メールdeポイントは楽天のポータルサイト「infoseek(インフォシーク)」から送られてくるメールを受信し …