音楽

ナンバーガール再結成!ライジング・サンへの出演が決定

ナンバーガール再結成!ライジング・サンへの出演が決定

僕は「やばい」という言葉があまり好きではない。何かあるたびに「やばい」を発する人を見ると、なんとボキャブラリーの少ないことだろうかと思ってします。

でも今回は違う。

 

やばい。

 

やばすぎる。

 

2019年2月15日、衝撃的なニュースが飛び込んできた。

2002年をもって解散した伝説的なバンド、NUMBER GIRL(ナンバーガール)の再結成である。

NUMBER GIRL(ナンバーガール)

NUMBER GIRL(ナンバーガール)、通称ナンバガは1995年8月に福岡で結成された4人組のバンド。

メンバー

  • 向井秀徳(ギターボーカル)
  • 田渕ひさ子(ギター)
  • 中尾憲太郎(ベース)
  • アヒトイナザワ(ドラム)

結成当初から精力的にライブ活動を行い、何本かの自主制作テープを完成させた後、1999年5月「透明少女」で東芝EMIよりメジャーデビュー。

その後アメリカ人プロデューサー、デイヴ・フリッドマンを迎え、2枚目シングル「Destruction Girl」、アルバム「SAPPUKEI」をリリース。

ROCK IN JAPAN FESTIVALやRising Sun Rock Festivalなどの大型フェスに加え、ワンマンツアーなど多数のライブ活動を行っていく。

ラストアルバムとなる「NUM-HEAVYMETALLIC」を2002年4月にリリースし全国ツアーを行うも、同年9月には解散を発表する。

そして2002年11月30日、札幌ペニーレーンでのライブをもって解散。

 

以上がナンバーガールの経歴である。

メジャーデビューからたった3年半。こんな短い期間にもかかわらず、彼らには今でも多くのファンが存在する。

もちろん、僕もそのうちの一人だ。

僕が初めてナンバーガールを聴いたのは、大学1回生の時。音楽系の部活に入部することになった僕は先輩から透明少女を聴かされた。

とにかく衝撃だった。

わけのわからない歌詞。特徴的なボーカル。直線的なベース。刺さってくるギター。なんとも気持ちいいドラム。

ナンバーガールを聴いて僕のように衝撃を受ける人のほうが少ないかもしれない。大半は「ん?なにこれ?」という反応だろう。

しかし実際、ナンバーガールが与えた影響は計り知れないものがある。

ナンバーガールが与えた影響

ナンバーガールを知らないという人でも、ナンバーガールに影響を受けたアーティストは知っている。

例えば星野源

紅白歌合戦にも出場した、今や国民的人気の彼もナンバーガールのファンだ。

透明少女について、「俺の青春はこの10数秒のイントロの中にある」と語っており、自身のライブでも透明少女のカバーを披露するほど。

その他にも有名アーティストがナンバーガールのファンを公言しています。

  • 椎名林檎
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 宮藤官九郎
  • くるり
  • YUI
  • Base Ball Bear
  • ストレイテナー
  • 凛として時雨
  • ねごと
  • tricot
  • テスラは泣かない。

解散後も邦楽界を代表するアーティストに影響を与え続けているナンバーガールが、伝説的バンドと言われる理由がなんとなくわかる気がする。

ナンバーガール解散後

解散後、ナンバーガールのメンバーは現在に至るまで音楽活動を続けている。

向井秀徳はZAZEN BOYSやKIMONOS、田渕ひさ子はLAMA、bloodthirsty butchers、toddle、中尾憲太郎はART-SCOOLなどの他にも様々なバンドのサポートを務めている。

アヒトイナザワに至ってはVOLA & THE ORIENTAL MACHINEでギターボーカルを担当している。

ナンバーガールは解散してしまったものの、それぞれのメンバーが各方面で活躍している。

2019年、ナンバーガール復活

解散から17年。

2019年2月にナンバーガールが突如として復活を遂げた。

毎年夏に北海道で行われるRising Sun Rock Festival。2019年の第1弾ラインナップが2019年2月15日に発表され、なんとそのなかに「NUMBER GIRL(ナンバーガール)」の名前が挙がっていた。

そして同日、Twitterにナンバーガールの公式アカウントが開設されている。

ナンバーガールの公式HPには向井からのメッセージが書かれている。

2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。
またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。
あと、稼ぎてえ、とも考えた。俺は酔っぱらっていた。
俺は電話をした。久方ぶりに、ヤツらに。
そして、ヤることになった。
できれば何発かヤりたい。

出典 NUMBER GIRL公式ページ。活動再開のお知らせ。

この復活は向井が他のメンバーを誘ったようだ。

そしてコメントの最後、「できれば何発かヤりたい。」とは、恐らくRising Sun Rock Festival以外でもライブを行うことを示唆しているのだろう。

2019年、夏。再びロック魂が目覚める。

まじでやばい。

年会費無料の楽天カード


楽天ポイントを貯めるなら、年会費無料の楽天カードを作りましょう。
楽天市場での買い物がポイント2倍になるだけでなく、街中でのお買い物や公共料金の支払いでも楽天ポイントがもらえます。

詳しく見る