お金

【楽天カードを比較!】楽天ポイントが貯まりやすいのは?楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを徹底比較!

【楽天カードを比較!】どれがお得?楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード
はま次郎
はま次郎
こんにちは、「人生底上げ!」ブログを運営しているはま次郎@sokoage_life)です。

今回は楽天カードを比較します。結局、楽天カードと楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードはどれを作ればお得かを見ていきます!

楽天カード

年会費無料にもかかわらず、還元率が高い楽天カード。楽天市場であまり買い物をしないという方にもおすすめのクレジットカードです。

年会費無料の楽天カードに加えて、年会費が有料ですがさらにポイント還元率が高く、その他にもメリットがあるカードがあります。

楽天カードの種類

楽天のクレジットカードには大きく分けて下記の種類があります。

  • 楽天カード(基本カード)
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

ランクは楽天カード<楽天ゴールドカード<楽天プレミアムカードとなります。

この他に楽天PINKカード、楽天ビジネスカードなどがありますが、ほとんどの人がこの3つのカードを比較検討すればOKです。

基本の楽天カードは年会費が無料なので、このカードを作っておけばほぼ間違いないですが、楽天市場をよく利用する人には楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードがお得な場合があります。

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの比較

それぞれのカードの特徴を見ていきましょう。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
デザイン 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 2,000円(税抜) 10,000円(税抜)
基本還元率 1%

100円につき1ポイント
楽天市場での還元率 最低3%

楽天市場での買い物:1%
カード基本還元:1%
楽天カード:1%
最低5%

楽天市場での買い物:1%
カード基本還元:1%
楽天ゴールドカード:3%
最低5%

楽天市場での買い物:1%
カード基本還元:1%
楽天プレミアムカード:3%
家族カード

無料

500円(税抜)

500円(税抜)
国内空港ラウンジ

年2回まで

無制限
ETC

プラチナ会員以上は無料
無料 無料
楽天edy 発行手数料300円(税抜) 無料 無料
利用明細 82円(税込) 無料 無料
プライオリティパス

プレステージ会員

楽天カード

年会費無料の楽天カードです。審査が甘く、年収が低い人でも作れるクレジットカード。

年会費は払いたくないけど、楽天市場で買い物をする方や、還元率が良いカードを探している方は1枚は持っておきたい優秀なカードです。

詳しいメリットやデメリットはこちらを参考にしてください。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費が発生してしまいますが、楽天市場での買い物が基本の楽天カードより還元率が良いのが特徴です。

ゴールドカードという名前ですが、特典を見ると他のゴールドカードに劣ってしまいます。まあ年会費が2,000円(税抜)なので仕方ないでしょうが。

カードの色もゴールドというよりピンクゴールドに近い、淡い感じの色味です。

楽天ゴールドカードの基本還元率は1%で、楽天カードと同じです。この還元率は街中でのお買い物や公共料金の支払、ネットでの買い物など、楽天市場以外での決済の還元率です。

楽天市場での買い物は楽天カードが最低3%に対し、楽天ゴールドカードは最低5%のポイント還元があります。

楽天ゴールドカードには様々なメリットがありますが、この楽天市場での還元率の違いが楽天カードとの一番大きな違いです。

そして、楽天ゴールドカードは国内の主要空港ラウンジが年2回まで無料になります。

楽天市場での還元率国内空港ラウンジが無料、この2つが楽天ゴールドカードの最大のメリットです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードのワンランク上に位置するクレジットカードです。

楽天ゴールドカードの年会費が2,000円(税抜)に対して楽天プレミアムカードは10,000円(税抜)の年会費が必要です。こちらは一般的なゴールドカードの位置づけですね。

楽天ゴールドカードの基本還元率は1%で、楽天カードと同じです。

楽天市場での還元率は最低5%で、基本の楽天カードより高いものの楽天ゴールドカードと同じです。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いについては後ほど解説します。

楽天プレミアムカードの最大の特徴は、プライオリティパスがついてくる点です。

プライオリティパスは世界の空港でラウンジが利用できるサービスです。飛行機のチェックインまでゆっくりとくつろぐことが可能になります。

通常このプライオリティパスは有料で、会員ランクによって特典が異なります。

スタンダード会員 スタンダード・プラス会員 プレステージ会員
年会費 99ドル 199ドル 399ドル
ラウンジ利用料 27ドル 10回まで無料

11回目以降27ドル
無料
同伴者 27ドル 27ドル 27ドル

楽天プレミアムカードを作るとついてくるプライオリティパスはなんと最上ランクのプレステージ会員です。

プレステージ会員は何度でも無料で空港ラウンジを使用できますが、年会費は399ドル(約40,000円)と高額です。

それが楽天プレミアムカードでは無料付帯なので驚きです。アメックス・ゴールドカードにもプライオリティパスがついていますが、年2回までしか無料にならないので、プレステージ会員より劣っています。

約40,000円の価値があるプライオリティパスが、10,000円の楽天プレミアムカードで手に入るのはお得すぎます。

※プライオリティパスは別途申し込みが必要です。

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、どれを選べばいい?

3種類の楽天カードの特徴をそれぞれ見てきましたが、じゃあ一体どのカードを作ればよいのでしょうか。

ちなみに僕は基本の楽天カードと楽天ゴールドカードをそれぞれ持っています。

なぜ両方持っているかというと、楽天市場での買い物は楽天ゴールドカードで、自動引き落としは楽天カードでと、使い分けをしているからです。

楽天ゴールドカードについての説明は後述しますが、まず、基本の楽天カードは間違いなく作っていたほうが良いでしょう。

年会費が無料にもかかわらず還元率が1%と、お得にポイントをためることができます。

そして公共料金など、楽天市場での買い物以外で自動的に引き落としされる支払いには基本の楽天カードを登録しておいてください。

その理由は次のとおりです。

  • 基本の楽天カードは年会費が無料なのでリスクなし
  • もし楽天ゴールドや楽天プレミアムカードを申し込んでも、今後使わなくなれば年会費がもったいなく、解約またはダウングレードする必要がある。
  • 解約またはダウングレードした場合、カード番号が変わるので、自動引き落とし先のカードを変更する手間がかかる

楽天市場以外での支払いは、楽天カードも楽天ゴールドカードも楽天プレミアムカードもすべて同じ1%です。

年会費が発生する楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードで自動引き落としをしてしまうと、もし解約やダウングレードする場合にカード番号が変わるので再登録に手間がかかります。

そのリスクを考えて、基本の楽天カードで自動引き落としをするのが良いでしょう。

さて、問題は楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードをどうするかです。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを作るべき人は?

年会費が有料の楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカード。

これらのカードを作ったほうが良いかどうかは、楽天市場で年間どのくらい買い物をするかが分岐点になります。

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの基本還元率はすべて1%ですが、楽天市場での還元率に差が生まれます。

  • 楽天カード:最低3%
  • 楽天ゴールドカード:最低5%
  • 楽天プレミアムカード:最低5%

この2%の差が年会費を上回れば、楽天ゴールドカードあるいは楽天プレミアムカードを作ったほうがお得となります。

では、楽天ゴールドカードの年会費(2,000円)を、還元ポイントで上回るには楽天市場でいくら買い物すれば良いかを見てみましょう。

楽天市場での

年間購入金額

楽天カード

ポイント還元率:3%
楽天ゴールドカード

ポイント還元率:5%
楽天ゴールドカード

年会費との差額

10,000円 300 500 -1,800
20,000円 600 1,000 -1,600
30,000円 900 1,500 -1,400
40,000円 1,200 2,000 -1,200
50,000円 1,500 2,500 -1,000
60,000円 1,800 3,000 -800
70,000円 2,100 3,500 -600
80,000円 2,400 4,000 -400
90,000円 2,700 4,500 -200
100,000円 3,000 5,000 0
110,000円 3,300 5,500 200
120,000円 3,600 6,000 400

この表を見ると、楽天市場での買い物が年間100,000円以上であれば楽天ゴールドカードを作ったほうが良いことがわかりますね。

単純に年会費だけを計算すると年間100,000円以上で元を取れますが、年会費以外にも楽天ゴールカードは

  • ETCが無料
  • 利用明細票の郵送が無料
  • 国内空港ラウンジが年2回まで無料
  • サポートがしっかりしている
  • ゴールドカードというステータス

 

これらも勘定に入れると実際は年間100,000円以下でもお得な場合が多々あります。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードはどっちがいい?

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較では、楽天市場で年間100,000円程度の買い物をするなら楽天ゴールドカード、しないなら楽天カードという結論が出ました。

では、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは?

この2つは、プライオリティパスを年間3回以上使うか使わないかを基準にすればよいでしょう。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの還元率は、楽天市場での買い物もそれ以外もまったく同じです。

楽天プレミアムカードにはプレステージ会員のプライオリティパスがついてくるので、1回27ドル(約3,000円)の空港ラウンジが無料になるととすると、年会費の差額8,000円を上回るにはプライオリティパスを3回以上使えばいいわけです。

逆にプライオリティパスをまったく使う機会がない人にとっては年会費が無駄になるので、楽天ゴールドカードで十分です。

まとめ

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードそれぞれの特徴と、どのカードを作れば一番お得かを紹介しました。

それぞれのカードのメリットを考えるとこんな感じでしょう。

楽天カードを作るべき人
  • 全員(笑)
  • 年会費を払いたくない人
  • 楽天市場でそんなに買い物はしないがポイントは貯めたい人

 

楽天ゴールドカードを作るべき人
  • 楽天市場で年間100,000円以上買い物する人
  • ちょっといいカードを持ちたい人

 

楽天プレミアムカードを作るべき人
  • 海外に出張や旅行によく行き、空港ラウンジを使う人
  • ゴールドカードを持っているというステータスがほしい人

ご自分のライフスタイルにあわせて無駄なくカードを作りましょう!

年会費無料の楽天カード


楽天ポイントを貯めるなら、年会費無料の楽天カードを作りましょう。
楽天市場での買い物がポイント2倍になるだけでなく、街中でのお買い物や公共料金の支払いでも楽天ポイントがもらえます。

詳しく見る

あわせて読みたい記事
人生の大きな出費について考えよう〜住宅編〜 お金

人生の大きな出費について考えよう〜住宅編〜

2019年4月22日
人生底上げ!|普通の人間が少しだけ豊かな人生を手に入れるための実践ブログ
負債の大半を占めている「住宅費」 「いつかは夢のマイホームを」と、マイホームを持つことでやっと一人前になったと認められる謎の風潮があったせいか、今でもそう考えている20代、3 …
【楽天カード入会】家族カードを持っていてもキャンペーンポイントはもらえる? 楽天

【楽天カード入会】家族カードを持っていてもキャンペーンポイントはもらえる?

2019年4月13日
人生底上げ!|普通の人間が少しだけ豊かな人生を手に入れるための実践ブログ
「楽天カードは家族カードより本カードを作るべき」の理由 例えば、旦那さんが楽天カードを持っていて、奥さんにも日々の買い物用に楽天カード …